FC2ブログ
彼女や妻の浮気に萌えてしまう日々の記録。 彼女のあそこから自分以外の男の精子の匂いが・・・ 彼女の告白や、過去の経験談、現在進行形の浮気、 そして妄想計画を混ぜながら紹介していきたいと思います。
寝取られ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
きっかけ・・・妄想と予感
2006-08-20-Sun  CATEGORY: A氏との浮気
彼女と付き合い始めて1年以上になった頃のこと。
会う回数や一緒に遊ぶ機会が減る時期があった。
電話もなんだかよそよそしい気がする。本当に、気のせいかもしれないレベルの違和感だったけれども、悪い予感がした。
なかなか会えないときは、一人で彼女のことを思って自慰にふける。
いつもなら、二人で楽しくHしたことや二人でしたいことを妄想しながらのオナニーになる。
だけど、彼女と何だかしっくりこなかったこの一時期、気分転換にエロ本でもオカズにしてみようかと思い立った。
早速本屋で買ってきたのは投稿系の小冊子。昔から、投稿系の雑誌は画質は多少悪くてもそのリアルさが良くて好きだった。
パラパラとめくってどれがオカズにいいかな・・・などと呑気に考えていた時だった。
一瞬目を疑った。ページをめくる手が止まり、緊張に少し震えた。
そこには彼女そっくりの女性のハメ鳥写真があった。
目線があるものの、その顔の輪郭、髪型、体つき・・・思わず息を呑んだ。
嘘だろ?まさか?!一人気が動転して何度も何度もページを見返した。
よくよく見れば、地域も違うし他のページでの顔つきはどうも違う。
人違いだな・・・とホッとしたけれど、もしこれが本当に彼女だったら・・・と思うと味わったことのない不思議な興奮を覚えている自分がいた。
中年男性に好き放題されているその女の子は、彼氏がいるけれど出会い系で出会ったこの男性との快楽に溺れている様子。
しかも、彼にもなかなか許さない生挿入を浮気相手には許している・・・。
挿入している写真が特に彼女とそっくりで、ダブって見えた。
彼女も今頃こんなふうに誰かに好き放題おもちゃにされて、しかもそれを喜び楽しんでいるのかもしれない・・・
そう思ったら異常な興奮が冷めず、彼女が犯されているところを想像しながら何度もオナニーをしてしまった。
まさかこれがただの妄想で終わることなく、現実に起きている事だなんて、まだ知る由もなかった。彼女がハメ撮りされていたら?!<A氏に深く生挿入される彼女>

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
彼女について
2006-08-20-Sun  CATEGORY: 彼女のこと
彼女は今20代前半。出会った頃はまだ10代で処女だった。
ちょっと小柄だけどスレンダーで胸はDカップ。
はじけるような、まだ何の穢れも知らぬ無垢な体を開発する悦楽に、男なら誰だって夢中になるだろう。
彼女はちょっとはにかむような笑顔が似合う、素直な性格の子で、それは今も変わりない。
それでも性に関してはしっかりおませで、小学校高学年の頃には性の意識が芽生え、
一人自慰のような真似事を覚えたのもこの頃らしい。
この話をすることを彼女はとても恥ずかしがり、そんな恥らう様子もまた可愛い。
都会に出てきて寂しかった彼女は、寂しさのあまり出会い系でメルトモを作ってはまだ知らぬ恋を探していたらしい。
ちょうどそんな頃、彼女と知り合い、彼女の可愛さにひかれた自分は当たって砕けろ精神で食事に誘った。
それからの馴れ初めはまた別の機会に。

彼女<無邪気に笑う彼女>

ページトップへ  トラックバック0 コメント5
見知らぬ男の精子を膣から溢れさせている彼女の写真を見て
2006-08-19-Sat  CATEGORY: 寝取られ追憶
PCの画面いっぱいに映し出された写真。
そこには後背位で挿入されいる女性のお尻と結合部分がアップで撮影されている。
見覚えのあるお尻、薄茶でピンク色に近い肛門、毛を剃りパイパン状態のマンコ。
どれも見覚えがあるのに、そこには、見たことのないペニスが深々と挿入されていた。
そのペニスと咥え込むマンコはどちらもよく濡れて光り、粘液が二人をより強く結びつけるかのように糸を引いていた。
ところどころまとわり付いている白い粘液は、既に中だしされた精子なのか、彼女が感じすぎて出した愛液なのか。
画面をクリックし写真をめくっていけば、見知らぬ男のペニスが彼女の膣に出たり入ったりを繰り返す。
その度にめくれる彼女の大陰唇、小陰唇。まとわりつく粘液と白濁液。
そのペニスが最も深く差し込まれた写真の後、徐々に抜かれた男性器の先端からは、白い滴がしたたっている。
そして彼女の性器のアップ。自分で広げている膣から大量の精子が溢れる様子が克明に記録されていた・・・
浮気を知った時の怒りや絶望、悲しみなど、その写真を見て沸き起こった興奮に吹き飛ばされ、
何度も何度もオナニーせずにはいられなかった・・

彼女の浮気遍歴や、現在進行形の浮気など、妄想を交えつつ紹介したいと思います。20060819215137.jpg<A氏によるハメ撮り>

ページトップへ  トラックバック0 コメント2


余白 Copyright © 2005 寝取られ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。